↓↓【完全無料】無料で稼ぐ方法、自宅で稼げる副業情報が満載↓↓

生活保護は借金があると受給できない



生活保護は借金があると受けられない

弁護士

生活保護は借金があると基本、受給する事ができません。

 

債務整理をしなければいけませんが、債務整理をするには基本的に

  • 弁護士さん
  • 司法書士さん

のどちらかに依頼しなくてはいけません。

法テラスについて

 

債務整理をするためには当然費用がかかります。ただでさえ生活に困窮している状況の中で、弁護士費用等は払うのは無理と最初は誰もが考えるかもしれませんが、実は「法テラス」と言う費用を一時的肩代わりしてくれるお助け機関があります。

 

全てが完結した時点で毎月5000円ずつくらい返済して行く事になりますが、生活保護を行き続き受けていると支払い免除になる事も多いです。

 

法テラス

法テラスは生活保護受給者の利用が殆どです。後は、完結した後に生活保護か生活保護から抜け出しているかによって法テラスの支払い義務が変わってきます。

 

生活保護から普通の生活に戻っていれば、殆ど法テラスの支払い義務が発生します。ただ、生活保護受給者は賢いので法テラスの支払い免除の通知が来るまでは、生活保護のままです。

 

そして免除確定と同時に仕事を探し始めます。生活保護受給者は曲者と言っては語弊があるかもしれませんが、かなりお金を払わなくて良い様に持っていきます。

 

先ほどの続きですが、生活保護は借金があると受けられません。先ほどから何度も登場している法テラスが弁護士費用を肩代わりします。最終的には自己破産して借金を帳消しにします。
この手続きを取らないと生活保護の受給ができません。

自己破産の選択について

 

生活保護を申請にきた人に「自己破産か?苦しい生活を続けるか?」は厳しい選択です。
福祉事務所に来ている人は、それぞれパターンがあります。

  • 本当に生活に困窮している人
  •  

  • 怠け者
  •  

  • 詐欺師

怠け者に関してはずうずうしい話ですが、法律上何の問題もありません。
問題は詐欺師。詐欺師と言っても普通の詐欺師とは違います。殆ど暴力団関係者です。

 

自己破産と言うのは、宣告と免責と2つ受けて初めて借金が帳消しになります。
因みに宣告は誰でも受ける事が出来ます。問題は免責です。この免責決定通知が出ると借金は全てチャラ返す必要が無くなります。

 

但し自己破産すると、クレジットカードやローンが出来なくなります。車も住宅もローン無しで買わなければいけません。助け舟はこれ以上ありません。

 

免責決定から7年間は再び自己破産は出来ません。そもそも2回自己破産する人は殆どいないと思います。自己破産をして肩の荷が楽になったと言う声が大半です。

スポンサードリンク