スポンサードリンク



data-ad-client="ca-pub-7399383974233568"
data-ad-slot="5355140532"
data-ad-format="auto">


招かざる生活保護受給者について

福祉事務所に1日いると色んな人がやってきます。中には【招かざる客】も来所します。

 

 

競馬でお金を全て使ってしまったから、
特別に来月分を先に下さい・・・。


 

 

貴方、自分の立場分かっていますか?
生活保護です。国民の税金を貴方に支給しているのです。


 

確かに何に使っても自由ですが、競馬で全部使ったから特別のお金頂戴なんて・・・。
こんな話、福祉事務所だからまだ何も起きませんが、他の一般の区民がこんな話聞いたら、人の税金をなんだと思っている!と激怒されます。私が区民だったらブチ切れますね。

 

ソーシャルワーカーだから、怒りを抑えていますが話を聞いて呆れています。
殆ど話はムーディ勝山レベルです。本当に聞き流しています。

 

幾らこの競馬でお金を全部使った人が粘った所で、1円たりとも特別にお金が出る事はありません。

 

しつこく懇願されても無駄!

 

競馬でお金を使い果たした人は自論を展開してきます。幾ら話の角度を変えても出ない物は出ません。この状況の人に特別にお金をだしていたら、区役所の予算が間違い無くパンクしますよ。

 

その為絶対誰が面談してもお金が特別に出る事はありません。
こんなのを許してしまったらとんでもない事になります。

 

こういう人に限って粘り腰だけはあるのです。朝一番に来所して、昼までは平気で粘ります。
何とか・・・今回だけ・・・もうしない・・・等と言い幾ら私が絶対にお金が出る事はありませんと、宣告しているのにも関わらず一向に諦めようとしません。

 

本当に午前中の仕事を見事なまでに潰してくれます。それ位、粘りは強烈です。ここまで粘るなら競馬をしない事に粘って欲しいです。

 

この人は残り2週間を残金ほぼ0円で過ごさなければいけません。この状態で助け舟を出さない福祉事務所を、鬼だと思う人もいるかも知れません。

 

確かに2週間0円で生活するのはほぼ不可能でしょう。しかし、福祉事務所は例え鬼と言われようが、出せない物は出せません。ここでは情に絶対に流されてはいけません。泣きまねをして情に訴えて来る人もいますが、絶対に流されないですし、泣きまねを見抜いています。

 

じゃあこの人は残り2週間を0円で生活するのかと言うとそういう事になります。かなり手厳しいと思うかも知れませんが、ここで痛さを感じてもらわないと、その人の生活習慣の改善は先ず見込めません。

 

この様な人が来所する事は日常茶飯事です。競馬やらないと言う言葉に全く説得力がありません。もし説得力があってもお金を福祉事務所から特別にお金が出る事は少なくとも私が担当した区ではありませんでした。

 

お金の管理は自己責任

 

お金をコントロールしよう

お金をコントロールするのも生活保護の人の責務です。自分勝手にお金を使ってよくも堂々と福祉事務所に相談にきたなとある意味呆れています。

 

どんな形で最後の生活保護費を賭けたのかは知りませんが、まあ知った所ではなしが変わる事はありあせん。

 

本当に福祉事務所なら、競馬でお金を使い切っても何とかなる。その様に考えている人が余りにも多すぎます。一言で言うなら、自分勝手・自己中心的です。

 

この言葉からわかるように明らかに人様の税金をギャンブルで使い果たし、更に福祉事務所からお金が出ると言う考え方が理解出来ません。

スポンサードリンク