↓↓【完全無料】無料で稼ぐ方法、自宅で稼げる副業情報が満載↓↓

生活保護受給者とギャンブルで得た利益の収入認定



生活保護受給者とギャンブルで得た利益

生活保護受給者はギャンブルで得た利益も収入と認定されることをご存じでしょうか?

 

ギャンブルで得た利益

基本的に生活保護費の使い道は自由です。競馬をしようが、パチンコをしようが自由です。

 

但し、お金を使い果たして福祉事務所に駆け込んできてもどうにもなりません。今回だけ特別に3万円だけ支給して欲しい!等の希望を叶えられるはずがありません。結局区役所からお金は追加で一切出ず非常に厳しい状況になります。

 

また在宅投票システムで馬券を買っている人はネット口座(楽天など)が多いですから、毎月最新の履歴を区役所にださなければいけません。

 

その為競馬で儲かったのは直ぐにわかります。勝った人は勿論ですが、何と負けた人まで収入認定されてしまいます。

 

例えば最初に3000円使って9000円になりその9000円が不的中で0円。
厳密に言うとマイナス3000円ですが、最初の6000円のプラスの収益だけを取り上げ、この場合プラス6000円と判断します。
マイナス3000円なのに、一時的に膨らんだお金を収入として認定されてしまいます。

 

生活保護受給者にしてみれば損したのに・・・と当然なります。このケースは如何に自由にお金を使って良いと言っても貴方は生活保護なんだから自粛しなさいと警笛が鳴らされています。

 

また、ナンバーズ等の宝くじで儲けたお金も収入として認定されます。生活保護受給者はそんな余裕はないでしよう?と区役所側からみればなります。

 

この競馬とナンバーズの、収入認定は翌月の生活保護費からひかれます。
つまりギャンブル等で儲けても結局はばれたらアウトです。

ギャンブル等の収入がばれないようにするには?

 

競馬の場合は在宅投票は使えないので場外馬券売り場に馬券を買いに行く事になります。流石に区役所は休日は動きませんから盲点ですね。

 

しかもその日のうちに換金してしまえば、全くわかりません。そこまでは流石に監視の目は届きません。今こうして書いている事は、こうされたら区役所としたら嫌だなと言う事を書いています。

 

ナンバーズも即換金してしまえば全く分かりません。上手い具合に抜け道が出来ているんですね、これがまた。野球で行ったら裏の裏つまり表です。

 

お金儲かってますよオーラは直ぐに分かりますが、決定的証拠が無く、また警察ではないので財布の中身も確認できません。ここが痛い所です。120パーセントフォークボールの所をストレート勝負をしてきます。実に生活保護受給者は妙な悪知恵だけはたくさん持っているのです。

 

ここが区役所が本来払わなくて良い生活保護費をあげなければいけない、苦しい台所事情です。

ギャンブルで得た利益も収入と認定される理由

 

生活保護受給者は支給された生活保護費に何に使っても自由ですが、ギャンブル、宝くじの当選金は収入と認定されます。しかも競馬の場合は3000円使って9000円にしてその9000円が無くなっても収入認定されます。

 

いくらだと思いますか?答えは6000円です。3000円から9000円に増やしているのが収入認定されます。実際は3000円損しているのです。それが6000円の収入と見なされるのです。
これはもう完全に生活保護者にギャンブルはするなと警笛を鳴らしています。

 

ギャンブルはダメ

よくよく考えれば分かりますが、生活保護の資金の捻出は税金からです。国民が一生懸命汗水垂らして働いたお金が生活保護に回っているのです。このサイクルを良く生活保護受給者は考えなければいけません。

 

表向き、確かに何にお金を使っても良いですが、一般常識の範疇で考えれば生活保護費をギャンブルに使うのは明らかに逸脱しています。宝くじも同じです。

 

外れる確率の高いものにお金を使うのですから一般国民は堪ったものではありません。その為先ほどの競馬の例のように厳しく収入認定をするのです。そうしないとバランスが取れなくなってしまいます。

スポンサードリンク